ダイエット 健康

腸内環境の悪化を防ぐには?

2021年3月15日

腸内環境の悪化は免疫力を下げる

腸内環境悪くなると免疫力が下がります

これを食べれば腸内環境にいい!

と言う情報や腸活サプリはよくあるし、以前にも少し書いたので

腸内環境に大丈夫な方でもいくつかしない方がいい事をお伝えします

1、冷たい飲み物、食べ物
胃腸を冷やすと機能が低下するので腸内環境悪化に繋がります
飲み物は常温で、スープや汁物など温かいものを食べましょう

2、アルコール
アルコールは少量だと消化酵素の分泌を促しますが、大量に摂ったり習慣的に摂り続けると腸内細菌の善玉菌が減り腸内フローラを乱してしまいます

3、人工甘味料
スクラロースなど最近はダイエット用でカロリーゼロの甘味料増えていますが、こちらも腸内環境に悪いです
しかも人工甘味料を摂り続けると肥満リスク、糖尿病リスクが上がります

4、早食い
しっかり噛んで食べることで腸内環境の維持に繋がります
早食いすると消化不良を起こしやすく肥満にも繋がるのでゆっくりよく噛みましょう

腸内環境を悪化させず免疫力を高め乗り越えましょう

  • この記事を書いた人

滝口和眞

ろっぽんぎの筋トレ屋さんのオーナー兼トレーナー。 学習院大学でエース → 独立リーグで4年間プレー → RIZAPで6年半ゲストのボディメイクをサポート → 開業。

-ダイエット, 健康

© 2019 ろっぽんぎの筋トレ屋さん