コンデション 健康 食事

疲れを招く5つの食習慣

2021年3月26日

疲れを招く食事

睡眠はしっかりとれてるのにダルい

そんな方は食事に原因あるかもしれません

倦怠感を招く原因

1、炭水化物中心の食事、甘いものの食べ過ぎ
血糖値の急激な上下によりダルさを感じやすくなります

2、加工食品の食べ過ぎ
加工食品は塩分が多かったりするため消化器官への負担が多く、血流が消化器官へ行く為倦怠感へ繋がります

3、カフェインの摂りすぎ
カフェインは一時的な覚醒作用がありますが、摂りすぎたり寝る前に摂ると睡眠不足に繋がり疲労感を感じやすくなります
疲労感を感じいるから安易にカフェインを摂るのはやめましょう

4、アルコール
アルコールは肝機能の低下を招きます
肝機能の低下は疲労に繋がります

5、水分不足
水分不足により血流悪くなると老廃物の排出が減ってしまったり栄養素を届けられなくなる為疲労を感じやすくなります

まずは睡眠時間を確保することが重要ですが、睡眠をとれているのに倦怠感がある方は食生活を見直してみましょう

また運動不足も血流の悪化に繋がり倦怠感を生みます

適度な運動と睡眠、バランスの良い食事

結局これが大切です

  • この記事を書いた人

滝口和眞

ろっぽんぎの筋トレ屋さんのオーナー兼トレーナー。 学習院大学でエース → 独立リーグで4年間プレー → RIZAPで6年半ゲストのボディメイクをサポート → 開業。

-コンデション, 健康, 食事

© 2019 ろっぽんぎの筋トレ屋さん