メンタル

僕が努力家になったきっかけの話

2021年4月2日

努力家になったきっかけ

僕は現在毎日のように筋トレして、食事コントロールして、ストレッチして、毎日記事の投稿を行ったりしてます

物事を継続する重要性はわかっているけど続かない

そんな方に大切なのが成功体験だと思います

僕が努力家になったきっかけは高校時代です

高校2年生で当時2番手投手

球速は120km/h程度しか出なかったです

エースピッチャーは140km/h投げる投手で僕も球速を上げなきゃと思っていました

エースの彼は毎日ダッシュをしていると聞き、僕もやってみようと開始

冬の期間約3ヶ月ボールはほぼ投げず毎日30本ダッシュを行いました

すると春になりボールを投げてみると球速は一気に10km/hほど上がっていました

僕はここで継続して努力することの重要性を強く学びました

今から考えると成長期が終わり身体が出来上がった影響も強いと思いますがこの成功体験が今の継続力に繋がっています

継続力のない人は、自分の成長を強く実感した事がない場合が多いです

何かを続けて成果を出したいと思ったら、現在位置の確認をちょこちょこすると成長を実感しにくいです

継続力を手に入れたいなら

現在地を確認せず一定期間続けてみて、そこで振り返ってみると大きく成長した事を実感出来ます

そしてその成長の感動が継続する原動力になります

  • この記事を書いた人

滝口和眞

ろっぽんぎの筋トレ屋さんのオーナー兼トレーナー。 学習院大学でエース → 独立リーグで4年間プレー → RIZAPで6年半ゲストのボディメイクをサポート → 開業。

-メンタル

© 2019 ろっぽんぎの筋トレ屋さん