健康 食事

不眠と糖質

2021年3月18日

不眠と糖質

夜寝れない方

夕食で糖質をとりすぎたり、急激に血糖値を上げる高GIの食品を食べてませんか?

瞬発的な運動をする時に必要な糖質を寝る前にとれば眠れなくなるのは当然です

また糖は脳で使われるエネルギーなので血糖値が上がれば当然脳も覚醒します

夜にピザやパスタ、デザートにケーキやアイスなど糖質が多い食材は避けた方いいです

寝る直前までお菓子や甘い飲み物を飲むのは厳禁です

夕食はなるべく低糖質にして、お米を食べるにしても玄米などの吸収なゆっくりなものを少量にする事をオススメします

夜の糖質量は多くとも30g程度がオススメ

寝ている間に身体が作られるので、材料となるタンパク質は適量とりましょう

睡眠の質はダイエット、ボディメイクはもちろん免疫力や仕事での集中力にも影響します

また眠れない不眠症は鬱病のリスクが上がります

夜の食事で人生はかなり変わりますよ

  • この記事を書いた人

滝口和眞

ろっぽんぎの筋トレ屋さんのオーナー兼トレーナー。 学習院大学でエース → 独立リーグで4年間プレー → RIZAPで6年半ゲストのボディメイクをサポート → 開業。

-健康, 食事

© 2019 ろっぽんぎの筋トレ屋さん